JAあさひな

メニュー

新着情報

新着情報

地域一丸となって農泊を始める

2018.4.19

~地域の観光資源を活用した山漁村振興事業~

 

 JAあさひなは大和町宮床の難波行政区と連携し、農業を主体に中山間地域にある同行政区の豊かな自然環境、伊達藩に代表される歴史文化といった滞在資産や観光資源を活かした農泊事業に取り組みます。
 1月20日に地区住民や関係団体などを対象に研修会を開き、30人あまりが出席。資源調査と農泊について情報共有しました。
 同事業はJAが事業主体となり、平成29年度農山漁村振興交付金の事業採択を受け、同行政区、(株)農協観光、(一社)全国農協観光協会と連携し、日本ならではの伝統的な生活体験と農村地域の人々との交流を行う滞在型旅行を実施するため、JA内でも各分野より推進委員を選出、推進委員会を設置し、事業展開を支援します。

▲農泊について研修する地区参加者
▲農泊について研修する地区参加者
▲農泊について説明する農協観光職員
▲農泊について説明する農協観光職員