JAあさひな

メニュー

新着情報

新着情報

平成28年産米の買入状況と品質について

2016.12.27

うるち買入状況

全量集荷

 

 

等級格下げ要因

 

 近年の気象は高温傾向にありますが、本年は高温登熟による乳白米の発生が少ない傾向にあったこと等から、高い上位等級比率が確保されました。等級格下げ要因としては、斑点米カメムシ類についての注意報は発表されませんでしたが、例年の発生量が多い傾向にあるため「部分着色」が落等要因の多くを占めております。「充実度」や「心白粒」については、登熟期間(品種や栽培方法により異なる)の気温・日照不足、台風や断続的な降雨による倒伏等が原因として考えられます。「発芽粒」は品種特性上、ササニシキで顕著に見られました。また、「もみ混入」は例年より多い傾向にありましたので、次年度は確実な調整作業を行い発生を防止しましょう。

 

☆みらいアグリ12月号・12ページに掲載