JAあさひな

メニュー

新着情報

新着情報

代表理事組合長 挨拶

2016.7.4

flame_130725_top

更なるJAへの結集を

photo_h28_round_large
代表理事組合長 櫻井 藤夫

 組合員皆さまには常日頃より本組合事業運営に対し、特段のご理解とご協力を賜っておりますことに衷心より感謝申し上げます。

 この度、本組合の役員改選にあたり、佐藤政悦代表理事組合長のご勇退により、私が代表理事組合長を拝命することになり、身に余る光栄に存じます。

 また、身の引き締まる思いと重責を強く感じております。微力な私ではございますが、精いっぱい務めさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

 さて、農業、JAを取り巻く環境は年々厳しさを増し、大変厳しい状況にあります。TPP大筋合意では、関税引き下げによる農畜産物の価格下落だけでなく、遺伝子組み換え食品の輸入に加え、食品添加物や残留農薬基準の緩和が大いに危惧されております。

  また、農政改革では、米の生産調整に国が関与せず生産者自らの責任となります。加えて農協改革では、現場の実態を無視した農協解体につながるよう な総合農協の事業分割に向けた議論が取り沙汰されており、これらの山積する諸問題にはJAグループと一体となって取り組んでまいります。

  昨年11月に開催された第38回JA宮城県大会では、平成31年を目途に合併を目指す新たな組織再編構想が決議されました。その構想に基づきJA あさひな、JA古川、JAみどりの、JA加美よつば、JAいわでやまの5JAにより「宮城県中西部地区農協合併研究会」を立ち上げ、農業・JAをめぐる環 境変化を見据え、将来的にも多様な組合員ニーズに応えられる新たなJAづくりに向け、協議・検討を行なってまいります。

 JA綱領の一項 目に「地域の農業を振興し、我が国の食と緑と水を守ろう」というスローガンを掲げております。その思いを叶えるべく、組合員、地域 住民の心豊かな生活と地域農業・農村環境の維持発展のためにも、第19回通常総代会にて承認賜りました第3次中期経営計画の達成に向け、役職員一丸となっ て取り組んでまいりますので、組合員皆さまのなお一層のJAへの結集をお願い申し上げ、就任のご挨拶といたします。

flame_130725_bottom